睡眠とアンチエイジングの関係

睡眠不足はアンチエイジングを無効化

日々のアンチエイジングケアに力を入れていても、きちんとした睡眠をとれていないと、それだけでアンチエイジング効果が無効化されてしまいます。

睡眠とアンチエイジングの関係とは、どういったものなのでしょうか?

寝不足人は実年齢よりも老けて見える

例えば、周りにいる寝不足気味の人をよく見てみましょう。

いくらメイクでごまかそうとしても、疲労感が漂っていたり、やつれて見える、さらには実年齢より老けて見えるなどと言われています。

睡眠とアンチエイジングの関係は、実はとても重要なんですね。

睡眠をしっかりとることで、アンチエイジングに重要な成長ホルモンの分泌がアップします。

成長ホルモンと聞くと、成長期に大切なホルモンというイメージがありますが、新陳代謝を促してくれるホルモンでもありますので、睡眠不足が続いて成長ホルモンが分泌されないと、お肌などの細胞は生まれ変われず古い細胞のまま、ということになってしまいます。

睡眠をとり成長ホルモンを分泌させる

アンチエイジングケアをしていても、お肌の細胞が古いままになってしまうと新しい若々しいお肌へ生まれ変わることはできません。

しっかり睡眠を取ることで成長ホルモンの分泌をアップさせるというのは、大人の女性にとっても美容のために大切なんですね。

睡眠中に成長ホルモンは多く分泌されますが、特に眠り始めの3時間・お肌のゴールデンタイムが重要なポイントになります。

ゴールデンタイムに睡眠をとる

眠り始めの3時間というのは、その時間に質のいい睡眠が取れていれば、成長ホルモンの分泌がさらにアップします。

眠り始めをスムーズにし、ぐっすり深く眠れるようにすることがアンチエイジングに欠かせません。

夜10時〜2時までのお肌のゴールデンタイムにしっかり睡眠をとることも、アンチエイジングには欠かせません。

この時間帯はお肌の生まれ変わりが一番活発な時間です。

良質な睡眠をとり、アンチエイジング効果アップへつなげていきましょう。

メニュー

ページのトップへ戻る